車売却|一括査定サイトを使って高く売る方法 » 車種 » 

並行輸入車は査定はどうなの?

読了までの目安時間:約 2分

一般的に外国車は正規代理店で購入するものですが、もう一つの方法として並行輸入車を購入するという方法があります。
これは本来の正規のルートではなく店舗や個人が車を輸入するというものです。
並行輸入車の車両価格は現地価格ですので国内の販売価格に比べてかなり安価で購入することができます。
いっぽうで、輸入手続きなどが煩わしい点とかなり高額になるので数十万円あるいは百万円、2百万円程度は安くないと並行輸入して購入したメリットが出にくいと思います。
正規代理店が高いというのは並行輸入してみるとよくわかるといえるでしょう。
仮にその手続きを入れても安く購入できたとします。
しかし、並行輸入車が日本向け仕様でない場合がほとんどで国内でメンテナンスや修理をしようとしたときに十分な整備ができなかったり、交換部品が手に入らないということも起こりえます。
また、査定価格についても並行輸入車は低査定となることが多いのは上述したことからもわかると思います。値段を安くすれば中古車市場では需要があるかもしれませんが、買取をして販売をするという時点で販売店にメンテナンスの責任がかかる以上、買取をしない、買い取っても部品取りにしか使わないということにもなりえるのです。

外車の買取価格が低い?その理由はなに?

読了までの目安時間:約 2分

外車というのは、新車で購入するときは決して安くは無いのですが車買取店で査定してもらうと思ったより金額がつかないことが多いようです。外車の買取価格が低い理由は、「ニーズが無い」ということが一番の要因です。
人気のBMWやベンツの一部の車種は人気があるようですが、大抵の場合、高値で売れない為、在庫を抱えてしまうリスクを背負ってまで高価買取してもらえません。多くの日本人は、通勤などの足として車選びをすることが多く、むしろ外車とは正反対の軽自動車の中古車の方が人気で高値で売れます。
外車は維持費も高く、少し故障しただけでもパーツを取り寄せるために修理費用が高くつきますから敬遠されがちです。外車を少しでも高値で売りたいと思ったら、外車専門の一括査定や外車専門の中古車買取店で査定してもらうと良いでしょう。
国産車と違って、査定するお店によっては、とても価値のある車だと判断されて査定額が数十万違ってくるというのはよくある話です。最初に査定してもらったときに、すごく安くてがっかりしてもあきらめないで正当な価格をつけてくれる業者を探しましょう。

カスタムカーを買取する際の注意点

読了までの目安時間:約 2分

カスタムカーを買取する際の注意点は、できるだけ、高額で買い取ってくれる自動車販売業者を探すことです。
カスタムカーは、ディーラー経由で売却すると歓迎されません。改造車は、普通の中古車として売りにくいからです。
カスタムカーは、一般の人にはどうしても好まれない傾向にあります。
ただ、改造車が欲しい人にしてみれば希少な存在になります。
カスタムカーを買取してもらう場合は、専門業者に依頼するのが一番です。専門の買取業者に依頼すれば、高額で買取りしてもらえる確率が高くなります。
希少なパーツがあれば、買取価格が跳ね上がることもあります。カスタムカーの場合、ETCマフラー、LSD、ヘッドライト、車高調整キット、水温計、リアスポイラーなどが決め手になります。カスタムカーについては、需要次第で売却額は低くなることもありますが、流行の付属品が装着されている場合、買取価格がプラスになることも少なくありません。カスタムカーは、賛否両論が分かれる車ですが、改造車好きの人から見れば価値があるものです。買取の際、注意しないといけないのは、あくまで、改造の申請をした車検適合車であることです。

最近の投稿
カテゴリー