車売却|一括査定サイトを使って高く売る方法 » 基礎知識 » 自動車を売った後の税金はどうなるの?

自動車を売った後の税金はどうなるの?

読了までの目安時間:約 2分

車の税金は基本は戻ってきません。車の主な税金と言えば自動車税ですが、軽自動車の場合は還付制度がないので戻ってきません。そして、普通車の場合は登録を抹消した場合に税務署で手続きをすると、未経過月分の税金が戻ってきます。例えばその年の自動車税をきちんと納付した後に8月に登録を抹消すると、9月以降の未経過月分の税金の還付を受け取ることができるのです。
しかし、自動車買取専門店の多くは自動車税や自賠責、リサイクル券などを全て込みで買い取りしている場合があります。
その場合、契約書の他にも還付手続き書類を記入しているはずです。するとたとえ売った後に登録が抹消されていたとしても自動車税の還付金は受け取れないのです。
そして売った後の納税に関しては、自動車税の納付義務があるのは毎年4月1日時点で車検証の名義人のところに名前がある方です。そのため3月30日に売却をしていても名義変更が終わってない場合、元々の名義人のところに納付書は届いてしまいます。そのような場合は買い取り先に相談して下さい。もしくは売却の時点で確認しておいて下さい。買取店が支払ってくれる場合もありますし、買取額にその分、上乗せをするから払うようにお願いされる場合があります。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー