車売却|一括査定サイトを使って高く売る方法 » 車種 » 並行輸入車は査定はどうなの?

並行輸入車は査定はどうなの?

読了までの目安時間:約 2分

一般的に外国車は正規代理店で購入するものですが、もう一つの方法として並行輸入車を購入するという方法があります。
これは本来の正規のルートではなく店舗や個人が車を輸入するというものです。
並行輸入車の車両価格は現地価格ですので国内の販売価格に比べてかなり安価で購入することができます。
いっぽうで、輸入手続きなどが煩わしい点とかなり高額になるので数十万円あるいは百万円、2百万円程度は安くないと並行輸入して購入したメリットが出にくいと思います。
正規代理店が高いというのは並行輸入してみるとよくわかるといえるでしょう。
仮にその手続きを入れても安く購入できたとします。
しかし、並行輸入車が日本向け仕様でない場合がほとんどで国内でメンテナンスや修理をしようとしたときに十分な整備ができなかったり、交換部品が手に入らないということも起こりえます。
また、査定価格についても並行輸入車は低査定となることが多いのは上述したことからもわかると思います。値段を安くすれば中古車市場では需要があるかもしれませんが、買取をして販売をするという時点で販売店にメンテナンスの責任がかかる以上、買取をしない、買い取っても部品取りにしか使わないということにもなりえるのです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー