ホーム

車を売却する際に重要なこと

車を売却するなら、やっぱり「高い価格で売却したい」っていうのは当然ですよね。

 

「ではどういう方法を取れば車を高く売却することができるのか?」

 

そのためには様々な中古車買取業者から査定を収集することが重要・・・いや必須です。

 

なぜ車を高く売却するには査定収集が重要なのか

中古車買取業者と一概にいっても販売を得意とする車種や持っている市場は異なっています。
ですか同じ車種であっても中古車業者ごとによって売却額が変わってくるということです。
そのため、査定を集めて比較し、高い金額を提示してきた「高額売却の可能性が最も高い業者」を探すことが大変重要なのです。

 

ただし、この収集作業は結構しんどい作業。

 

一社毎に査定を取っていてはめんどくさくて仕方ありません。

 

そんな時に便利なのが「一括査定サイト」です!

 

高額売却するための「めんどくさいが0」に

売却時に一括査定サイトを利用するメリット

 

一括査定を使用する最大のメリットは複数の中古車買取業者から手間暇を掛けず査定を集めることができるという点です。

 

一度登録するだけで、複数の中古車買取業者の査定をを集めることができます。しかも登録はものの5分もかかりませんし、今はスマホ対応しているので通勤の間などでも簡単に行えます。

 

査定を集めてみるとわかりますが、マーケットやほしい車種が違うことから中古車買取業者から集めた査定額にはかなりの開きがあります。

 

ここで高い業者を選んで売却するのとしないのとでは、最終的な売却額に25万円~30万円差がつくことも珍しくありません。

 

ですからぜひ一括査定を使って車をよりたかく売却しましょう!

 

車を高額売却するため一括査定サイト活用術

 

一括査定サイトを使った車売却高額術

 

車を高額売却に欠かすことのできないといっても過言ではない一括査定サイト。

ではこの一括査定サイトを具体的にどう使えば有効活用ができるかご紹介します!

 

まず「ぜひ利用しておきたい一括査定サイト」というのが存在します!

 

オススメサイトは以下で紹介しますが、「一度にとれる登録業者が多いこと」「登録業者が多い」「高値が付きやすい業者が多数参加している」「上場企業は運営している」「特徴的なサービス」というのがぜひ利用しておきたい理由です。

 


高額売却したいなら「一括査定サイトは複数利用することがベスト」です。

これはサイト毎に登録業者が違うので、掛け持ち利用することでより高く売却できる可能性があがります。

 

また高く売却するには20ほどの査定は最低限必要です。

一括査定サイトは、多くて最大10の査定が集まりますが車種やお住いの地域によっては、一サイト5~6しか集まらないことがあるので、査定数を稼ぐためにも掛け持ちをお勧めします。

オススメ一括査定サイト5選

掛け持ち

 

まずはココ「かんたん車査定がいど」

かんたん車査定がいど

 

何と言っても速やかに査定を取ることが可能な「かんたん車査定ガイド」

 

業界一の手軽さと登録後すぐ概算価格が分かるのが最大のメリット。

 

概算価格は現状の車の価値を知るにはとても便利ですし、査定を厳選するうえでいい基準になりますのでぜひ利用しておきたい。

 

一括査定サイトを利用する際はまず「かんたん車査定ガイド」から抑えておきましょう

 

続いて「カーセンサー」で査定数を増やす!

カーセンサー

 

リクルートが管理するカーセンサーは申込が分かり易く、「事故車対応」や「メールのみ対応OK」などがアイコン表示されており大変使い勝手が良いサイト。

 

カーセンサーの最大のメリットは、最大30以上が取れるという点。

 

30社以上の中古車業者から査定を集めることができるので、高額売却の期待値は大きく飛躍します

 

ズバットで老舗中古車を逃さない

ズバット

 

エントリーしている中古車買取業者が150~、最大で10社の査定を一度に入手することが可能なズバット車買取比較。

 

運営年数も長く、60万人超えの利用実績、またかんたん車査定ガイドと同じく高額売却する可能性の高い業者が集まっている比較サイト。

 

中古車の売却する人はこちらも利用しておくべき一括査定ですです。

 

エントリーしている買取業者は有名店から中小企業までそれぞれで、運営㈱ウェブクルーはいろいろな一括査定を多々展開しているというのも高額売却につながるポイント。

 

楽天会員の方は楽天カーオートもチェック

楽天カーオート

 

事故車ならカービューはぜひチェック

カービュー

 

査定を集めたら車を売却する業者を選ぼう

売却交渉へ

 

一括査定後は提示された金額を比較し、売却取引する業者を絞っていきましょう。

 

特別こだわりがない場合は、金額が高い買取業者3~5社ほどに選別するのがいいでしょう。

 

そして買取業者を選定した後は立ち合いでの査定を行い、交渉していきます。

 

交渉で売却額のつり上げを行っていきますから、立ち合い査定時に即決は避けましょう。

 

交渉は必ず金額が低い業者から!

こうすることで最終的に交渉した結果、売却金額がつり上がらなかったとしてももっとも高い業者へ売却することができます。

 

交渉のコツは、ライバル会社の査定額を引き合いに出しながら売却金額をつり上げること。

 

一括査定サイトを利用しているので、競合他社の存在は知っていますから、交渉は割とスムーズに進むとおもいます。

 

ただし交渉はあまり長引かせると相手の買い気を損ないますので、立ち合いを含め多くても3回ほどにとどめておきましょう。

 

そして最終的に最も高い価格を提示した業者に車を売却すれば「車売却は成功」です!

 

ローンが残っている中古車を売却するときは


ローン
車を入手するにあたり「カーローン」を使う方は多いとおもいます。

 

またローンの返済の最中にその車を売却したくなったり、他の車に乗り換えたくなると言うのはよくあることです。

 

では、こういったときどういう方法を取ればいいのでしょうか。

 

なにより覚えておかなければいけないことは、ローンが残っているケースでは、原則的に返済が完了する迄は、所有権は信販会社、クレジット会社、購入した販売業者等に有って、自分名義ではないということです。

 

ローンを完済して名義を変更をしない内は、売却したくなっても「売却は不可能」です。
お持ちの車検証に所有者名が記載されているので見てみましょう。

 

その上で、残債のある中古車の売却手段のをご紹介します。

 

まず車の買取専業店では、ローン返済中でも売却可能です。

 

一番オーソドックスなのは、買い取り額がの残っているローンよりも多い場合、車の売却金額をローンの残りの充当し清算する方法です。

 

仮に中古車の買い取り額がローンの残債よりも安かった場合は、その代価で全額返済することはできませんのでローンは残ってしまいますけれど、こうした場合も買取価格を残っているローンから差し引いた上で、新たにローンを組みなおすことで売却することができます。

 

車の「売却」と「下取り」はどちらがいいのか?

 

車を売る際に買取業者へ「売却する方法」と「ディーラーへ下取り」してもらう方法がありますが、どっちの方が高い金額になるのでしょう?

 

まず売却と下取りの違う所を手短に言うとこうなります。

 

  • 売却…中古車業者へ車を売る
  • 下取り…新型車を購入する際に売却額を差し引く

 

以前では新車を購入するときは下取りが当たり前でしたが、今はもっぱら売却が主流です。

 

ではなぜ売却が増加したかというと、最終的な買取金額が高いということが認知されてきたからです。

 

楽天が調査したアンケートの結果を見てもそれははっきりとしています。

 

買取額平均 529,619 円
下取額平均 424,790 円
※回答数:5,657 件

 

車を売却する場合と下取りの場合では106,212円ほど差が出ているのがわかります。

 

下取りを行うディーラーの持つ市場は狭いこと、営業マンと対峙して交渉をしなければならないこと、オプション品が査定に反映されないことなどからこのような差が出てくるようです。

 

ですから車の売却は検討している方は勿論、下取りを考えてる方も一度一括査定で中古車買取店の査定額を調査しておくことをお勧めします。

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ